SPECIAL INTERVIEW

代官山店長
鳥越未玖
Miku Torigoe

アスリートだった自分自身にぴったりなサロン

鳥越未玖(とりごえ みく)
1992年生まれ。鹿児島県出身。
指高:208cm、スパイク:294cm
鹿児島女子高校在学中は低身長ながらレフトスパイカーとして、インターハイで準優勝、2010~11年春高バレーベスト4。
2013年10月の第1回世界U23女子バレーボール選手権に日本代表として出場し、銅メダル獲得に貢献。
現在はNECレッドロケッツを引退し株式会社Mottoに入社、代官山店長として勤務する。


──なぜこの会社に入社したのですか?
元々美容に興味があり、(株)Mottoはトータルビューティーというところに魅力を感じました。
また、(株)Mottoの社長・副社長に初めてお会いした際にキラキラしていて、ついていきたいと強く思い、一緒に働いたら自分も輝けるのではないかと直感で思いました。

──入社の決め手となったポイントや出来事はありますか?
入社のタイミングについては正直悩んでいましたが、社長に
「(未玖の)考え方がいい!そういう人材を増やして行きたい。自分のやりたいと思うことに出会えてそれができるのは簡単なことじゃないよ。一緒にどんどん会社を大きくしていきたい」
と言っていただいて覚悟を決めました。
また、(株)Mottoはお客様にアスリートの方が沢山ご利用してくれています。
自分自身もアスリートだったので私にぴったりなサロンだなと思ったのもきっかけです。

──会社の特徴は何だと思いますか?
スタッフ同士同じ方向性で頑張れるところですね。
いい意味でスタッフとお客様の距離が近いところが特徴かと思います。
また、お店自体も建物の中にあるサロンではなく、一軒家をイメージしてこだわっているのも特徴です。
ただ施術をしにきてくれるだけではなく、スタッフに会いにきてくれる、「ただいま!」という家のような雰囲気も特徴かとおもいます!

──現在の仕事内容を教えてください。 
施術はもちろん、集客には欠かせないインスタグラムでの広告作成(投稿やストーリー)、お客様管理、スタッフのシフト管理、売上集計などの仕事をさせていただいています。

──これまでで一番大変だった仕事(プロジェクト)は何ですか?
人を育てるということです。

──(上記の質問に対して)どう乗り越え、どんな学びを得ましたか?
一人一人伝え方を工夫しています。個性もあるのでその人に合ったやり方で教えています。
言葉だけでは伝わらないので、まずは自分がやる!行動で見せる!ということの大切さ学びました。
同時に自然と同じベクトルを向いて頑張れるスタッフが増えていると思います。

 

──趣味など、社外での活動で注力していることはありますか?
休みの日は主にバレーボール教室やVリーグの解説などバレーボール関係に携わっています。

──プライベートはどのように過ごしていますか?
バレーボール関係の事をしているか、友達とご飯、家でゆっくりという時間はないです。

──プライベートでの今後の展望を教えてください。
プライベートでは色々なことに興味があるので、どんどん挑戦していきたいと思います。
プライベートが充実すれば仕事にもいい影響を与えると思うので、日々楽しみながら成長していきたいです!

RECRUIT